牧阿佐美バレヱ団の次回公演は、「ローラン・プティの夕べ」。

プティの代表作「アルルの女」と、牧阿佐美バレヱ団のために振り付けた「デューク・エリントン・バレエ」の2作品が上演されます。

「デューク・エリントン・バレエ」Ad Lib on Nipponに、スタジオスタッフの日髙有梨がソリストとして出演します。

応援よろしくお願いします。 

日時:2021年

10月9日(土)15:00 開演

10月10日(日)15:00 開演

会場:新宿文化センター

公演の詳細は牧阿佐美バレヱ団ホームページを参照下さい。こちら>>

 

ソシオ会員の皆様にはスタジオ価格のチケットを用意していますので、ご希望の方はスタッフにお声がけください。



「socio lettre~ソシオレトル~」vol.10


バレエを愛し、頑張っている人を応援するソシオ会報紙「ソシオレトル」VOL.10が、2021年の豊洲スタジオ、上野毛スタジオ発表会に合わせて完成しました!

ソシオレトルは、より多くの人たちに、バレエの楽しさ、魅力を知っていただくため、毎年1回発行しています。

 ご覧になりたい方は、スタジオまでお問合せください。


ソシオとは

押領司博子が主宰する3つのバレエ教室「新川崎シティアーツ」「押領司博子バレエクラス スタジオスワンズスクエア」「サンシャインバレエ豊洲」でレッスンに励んでいる子どもたちと、教室出身のバレエ・ダンサーたちを応援するクラブです。


ソシオに入ると

バレエがより身近なものになります!

牧阿佐美バレエ団をはじめ、押領司先生がおすすめするバレエ公演のチケットが割引価格でお求めいただけます。公演の見どころ紹介、鑑賞ツアーなどバレエを身近に感じられるイベントも企画します。

会報「ソシオレトル」を発行しています

各教室の発表会に合わせて、年1回発行し、会場にてお配りしています。生徒さんやスタッフの活躍、生徒さんの声などを、写真とともに紹介しています。

踊るよろこびを共有することができます!

自分でバレエを踊ることはできなくても、ダンサーや子どもたちを応援することで、踊るよろこびを一緒に味わい、楽しむことができます。

バレエの発展に貢献することができます!

バレエをはじめとする舞台芸術を取り巻く環境は厳しいものになっています。ソシオに入って、バレエを楽しみながら、日本のバレエシーンを盛り上げましょう。


ソシオに入るには

バレエを愛する気持ち、バレエ・ダンサーと子どもたちを応援する気持ちがあれば、
各教室の生徒のご父兄(ご親族)、OB、OG、そのご友人、そのほか

誰でもソシオに入ることができます。

 


申込用紙をプリントアウトして各項目を記入しご郵送いただくか、ファックスをご送信ください。
これ以外に特別な手続きは不要です。
なお、お預かりした個人情報は押領司博子主宰の3つの教室、「牧阿佐美バレエ団」の公演などのご案内の目的でのみ利用します。

入会金はありません。年会費も無料です。
チケットのノルマのようなものも、一切ありません。

ダウンロード
ソシオ 入会申込書
city_arts_sosio_form.pdf
PDFファイル 198.0 KB

【お申込の宛先】
川崎市幸区塚越201ルリエ新川崎3階
「新川崎シティアーツ」内
“シティアーツ ソシオ”事務局
担当 宗像 雄
FAX:044-544-5175